社員インタビュー

【Wiz Woman】叱咤激励の部長昇進からチャレンジの1年へ

ITの総合商社でありながら、従業員の男女比はほぼ半々と、Wizでは多くの女性が活躍しています。取締役陣に時短で働くママがいたり、育児と仕事を両立させる女性在宅ワーカーがいたり「女性が働きやすい環境づくり」に注力している点は大きな魅力の一つといえます。
5回目となる「Wiz Woman(ワイズウーマン)」シリーズでは、そんなWizで働く女性たちにフォーカスして様々な角度から取材をしていきます。
今回は、2020年7月に総合本部、総務・秘書課および経理課の部長に昇進された田村さんにお話を伺いました。

総合本部 田村さんにインタビュー

 
―本日はよろしくお願いします。早速ですが、自己紹介と田村さんのお仕事について教えてください。
  
よろしくお願いします!総務・秘書課と経理課を管理し、総合本部で部長を務めています、田村です。両課をマネジメントしていきながら、総務ではイベントや新オフィスオープンといった会社の大きな動きに関係する建付け業務を行っています。
経理においては、あまり知識がない中で任せていただいたので、今は一つひとつの業務を知ることから始めています。経理の業務数は大変多いです。この業務の効率化を図ることや会社全体のコストを抑えていくことがミッションだと思っています。

みなさんに還元できる体制を

 
―副部長時代は総務を見られていたと思いますが、どんなことをされていましたか?
  
そうですね。副部長の頃は、イベント企画や福利厚生制度の見直し、営業で使う立替精算、オフィスの整備など、いわゆる総務のルーティン業務をプレイヤーとしても進めていました。
その後産休に入ることになり、自分が担当していた仕事を一度振り落として、部下にお願いすることになったんです。復帰後、またルーティン業務を戻し慣らしていこうと考えていたのですが、休んでいる間に変わっていった実務も多く、新しい内容を理解することに時間を取られたり、部下からの相談で「ちょっと待ってね。ここはどんな風に変わったの?」と即答できなかったりと、容易な正誤判断も難しいなと改め感じた副部長時代でしたね。
  
―そんな中で昇進された理由、また求められている役割についてどうお考えですか?
  
実は副部長昇格は満を持してといいますか(笑)。着実に残していった結果に対して評価していただけたのだと思っています。しかし、この度の部長昇進はその意味合いとはちょっと違っていて…。「あと1年かけて部長としてちゃんと成長しなさい!」という叱咤激励の意味が強いと思っています。だから、部長として任されたことをきちんと見ていただくチャレンジの1年だなと感じていますね。
  
求められる役割としては、会社の資産を大切に使ってコストを最小限に抑えるために、各セクションへの指導や収支の把握といった経理体制を強化することです。削られた無駄なコストが、きちんと社員のみなさんに還元されるように組織から整えていきたいですね。

ピッタリと合っていた私とWiz

 
―チャレンジ精神溢れる田村さんですが、ご自身をつくられたご経歴を少し教えていただけませんでしょうか?
  
はい!私はいろいろな会社を経験しているんです。一番最初は金融機関で受付業務を担当していましたが、ブライダル業界に行きたくて専門学校に入り直したんですよね。それで、カウンターサービスを展開する大手ブライダル企業に就職し、対面で式場をご紹介するエージェント業を6年間務めました。BtoCをやりきった感じもあって結婚を機に退職。
  
次にBtoBキャリアの第一歩として、美容健康商材の卸で営業職の道を選びました。それから1年後に1人目を妊娠して、産休から復帰後はコスメの企画を担当。その後はECサイトの運営会社に渡るなどし、子供の成長や家庭環境に合わせてフレキシブルに転職をしていきましたね。そんなこんなで、Wizへの入社は2人目を産んでからなんですよ!

  
―ありがとうございます!その豊富なキャリアですが、現在Wizでどう活かされ、どんなことを心掛けてらっしゃいますか?
  
先に心掛けていることからお話しすると、「とにかく仕事を減らすこと」ですね。私自身の稼働時間が短いこともありますが、やらなくていいことは削ぎ落とし、部下の力を信じて業務を託す。そして、部下もやらなくていいことは組織の業務からなくす。
仕事をできるだけシンプルかつスマートにし、必要なことに時間を当てられるようにしています。それはコスト面についても通ずることで、いかに無駄をなくし会社の成長に似合うコストを選定していくか、ここにもしっかり活かせる考え方なんですよね。
  
また、ブライダルの仕事をしていた頃にたくさんのことを学ばせてもらいました。この経験がなければ、今の私はいないと思えるくらい。目標と現状とのギャップの埋め方や、目標自体の追い方、頭に入れておくべき行動指針など、Wizに入社した今でも活用できているなと感じることがありますね。

  
―もうすぐ入社6年目を迎えられるとのことですが、改めてWizに入られてどう思いますか?
  
そうですね。みんな陽のオーラを持っていて成長意欲があって、イベント等で一致団結できる会社の雰囲気がやっぱり好きです!
入社した当初、企画本部という部署に配属されたんですが、会社全体の知識も追いつかないまま、いろいろな仕事が次から次へと降ってきて各業務への理解も中途半端…。
  
でも、手応えがないなんて思いはなく、むしろ修得できたときの喜びとか、何とかして成功させたいとか、そういう楽しさを求める気持ちの方が大きかったんですね。
私自身、決まったことを時間内に終わらすより、それ以上のことを時間内に詰め込んでやり切った方が達成感を感じられるタイプだし、コツコツ続けていくよりもさまざまなことが目まぐるしく起こる方が実は好きでして(笑)。
  
そこは、Wizによってより鍛えられた部分でもありますし、Wizと自分がピッタリ合ったんだなと思っています。

働く女性の在り方をリードするWizの姿

 
―女性社員にとってWizは働きやすい会社と思われますか?
  
それは思いますね!Wizは他の会社と比べて、女性が活躍できる環境が整っていて、その辺りの風通しもいいです。ただ、Wizだけがそうであってもいけないなと思っていて。夫ともよく話し合うことですが、お互いの会社の理解がないと本当の意味で女性活躍って成立しないんですよね。だから世の中の企業すべてがWizのような理解ある会社になっていけばいいなと思っています。同じフルタイムでも女性だけが時短になるとか、残業ができないとか、女性も男性と同じように子供がいても働ける、フェアな世界になってくれれば嬉しいです。だから、もっとWizから働く女性の在り方をリードし発信できればいいなと思っています。

  
―そうですよね。では、女性社員が働きやすいと感じられた具体的なエピソードなどがあれば教えてください。
  
福利厚生やその他手当てなど、本当にWizはしっかり整備されていると感じます。時短やテレワークといった働き方ももちろんできますし、時代によって制度を更新していける柔軟性がWizにはありますよね。
  
長女が小学校に上がるタイミングで入社しましたが、その頃の時短制度はまだ小学校に上がるまででした。第二子、第三子がいる家庭において、このルールでは厳しいのでは?という話をさせてもらったことがあります。するとWizは、私一人の問題ではなく、今後、こういう方々が長く働いていけるように、みんなの問題と捉えスピーディにルール改定をしてくれました。
  
Wizは事業展開だけでなく、こういった社内規定などの決断もとても早く、いつも感心します。また、周りに助けられているなと実感できる社員同士の関係性も大変心地いいです。子供が体調不良で急遽休むとなった場合でも協力し合える雰囲気づくりができていて、過剰に負い目を感じる必要もないんです。実はこれってWizがつくり出した誇るべき文化・姿なんですよね!

  
―それでは、3人のお子さんのママでもある、田村さんの休日の過ごし方を教えてください。
  
本当はいつまでも寝ていたいタイプですが…(笑)。最近では天気の良い日に自宅の庭で子供たちと一緒にプール遊びをしたり、娘と公園でバレーボールをしたりしています。外出自粛前は、親戚数名と市民体育館を借りて本格的にバレーボールの試合をしました。楽しかったですね!
ビールを飲んだりスポーツをしたり、私も子供たちも好きなことを楽しんでいます。

ポジティブに“お母さん”の持つ大らかさを持って

 
―今後の目標をお聞かせください。
  
今、新型コロナウイルス感染拡大の影響で働き方が見直され、商売の仕方も大きく変わりました。Wizも世の中の流れに合わせて、ものすごいスピードで変化していますが、それに対してルールの据え置きって絶対に“イケていない”と思うんですね。社内ルールを作っている立場であるからこそ、「本当に今のルールって正なんだろうか?」と自問自答をしながら社員が待ち望むタイムリーな規則に変えていきたいと思っています。
  
また、昇進させていただいたことで相談の母数が増えることは間違いありません。自分の業務にかけられる時間を確保することも課題ではありますが、組織を想い、会社を内からアップデートする意識を常に持っていたいですよね。

  
―最後に、Wizで一緒に働きたい人を教えてください。
  
そうですね。2つ挙げられます。1つ目は「忙しくて大変…どうしよう…」と思わず「忙しいからこそ今成長できているな」とポジティブに変換できる人と共に働きたいです!
  
2つ目は心の広い人がいいな。1,000人以上の従業員がいる会社では、ルール通りにできる人、できない人、いろいろな人がいます。そこにいちいち目くじらを立てて、ああ、やってくれない…!と思うのではなく、“お母さん”のように「どうすればみんなが笑顔でやりやすくなるだろう」とまず考えて欲しいですね。大らかさと包容力を持ってくれる方が来てくれるととても嬉しいです。
  
総務という部署において特に言えることかもしれませんが、何事も、どのような事態もプラスに転じられる人がWizには向いると思いますし、そういった方々がWizにはたくさんいます。私も部下、同僚の前向きな姿勢に何度も救われ、自分の力に変えてきました。
ぜひ、お互いに刺激し支え合えるポジティブな環境の中で、一緒に働けることを楽しみにしています!

さいごに

 
仕事も家庭も、いつでもどんなときでも前向きな田村さん。挑戦し続ける姿勢の中にも、優しさ溢れる朗らかなお人柄を感じられるインタビューでした。ありがとうございました。
働きやすい職場づくりを目指すIT総合商社 Wiz(ワイズ)で、あなたも一緒に働いてみませんか?選考についてお気軽にお問い合わせくださいね!
次回の社員インタビューもお楽しみに!
 
▼▼Wiz WOMANシリーズはこちらから▼▼
【Wiz WOMAN】次のステージに向けて自信をくれた基礎力と信頼関係
【Wiz WOMAN】責任あるポジションへ導いた「Wizを良くしていきたい」という想い
【Wiz WOMAN】周りの方々の「思いやり」のおかげで責任者として急成長できました -経理経験ほぼゼロからの出発 -
【Wiz WOMAN】積極的に決断をすること-社外折衝のプロとして-
 
▼▼採用情報はこちらから▼▼
新卒採用情報:新卒採用特設サイト
『Wiz就活カフェ』特設サイト:『#Wiz就活カフェ』特設サイト
求人情報ウェブサイト「Wantedly」:Wantedly

記事一覧に戻る