社員インタビュー

【Wiz Woman】次のステージに向けて自信をくれた基礎力と信頼関係

ITの総合商社でありながら、従業員の男女比はほぼ半々と、Wizでは多くの女性が活躍しています。取締役陣に時短で働くママがいたり、育児と仕事を両立させる女性在宅ワーカーがいたり「女性が働きやすい環境づくり」に注力している点は大きな魅力の一つといえます。4回目となる「Wiz Woman(ワイズウーマン)」シリーズでは、そんなWizで働く女性たちにフォーカスして様々な角度から取材をしていきます。
今回は、2020年7月に大塚本社でマーケティング事業部・個人パートナー事業の部長に昇進された林さんにお話を伺いました。

個人パートナー事業 林さんにインタビュー

 
―自己紹介をお願いいたします。
  
マーケティング事業部・個人パートナー事業を担当しております林と申します。本日はよろしくお願いいたします。前職はハウスメーカーで人事を担当していました。Wizへ入社した際も人事職を希望していたので、人事の業務に就くものとばかり思っていたのですが、採用いただいた直後に「テレマーケティング業務をやってみない?」と言われ、テレマーケティング業務に。でも前職の業務内容も電話応対が多かったので、できないかも…というネガティブな気持ちはなかったですね。
  
―早速ですが、部長に昇進されてどのように業務内容が変わりましたか?
  
副部長時代のときは折衝という形でパートナー事業を推進、開拓することに徹してきましたが、部長になってからは、パートナー企業様からご紹介いただいたお客様へサービスをご案内するコールセンター業務も管轄するようになりました。
パートナー事業部は、パートナー企業様が一部業務を行うため、状況や行動が把握しづらくなります。不正が起きないように管理することも重要ですし、KPI管理を行い収支が合うようにする事も重要になります。また、営業主体の事業部ではありますが、売上・利益をつくる「攻撃」と管理体制を固める「守備」とのバランスが必要になります。部長に昇進して、以前よりも強くこの点を意識するようになりました。

不安、悩みを根底から支える基礎力

―順当に成果を出し部長に昇進されたと思いますが、ご自身ではその辺りどう思われますか?
  
実は、そんなことはなくて…。最初の部長昇進を決める面談では見送られているんです(笑)。そのときは責任の重さを感じ気持ちがついていかず発言も弱気だったんですよね。その後「不安はあるが頑張りたい!」と山崎社長に告げると「次回の面談に向けて部長になることを考えながらやっていこう!」と力強い言葉をいただきました。そこから次の面談までの3ヶ月間は部長という役職に向けてしっかり気持ちを作り直しましたね。また、私の上司であるマーケティング事業部長の 井上取締役の後押しもあって今回の昇進につながったと思っていますが、今は、何よりも部長へと導いてくださったことへの感謝とその期待に応えたいという気持ちでいっぱいです!

  
―部長になられ、会社からどのようなことを期待されていると思いますか?
  
私は攻撃より守備の人間で、基本的にはマルチに業務を進めていくタイプだと思っています。パートナー事業は先ほどお伝えしたようにバランスが重要で、守備ばかりだと事業は拡大しませんし、攻撃性が増してしまうと大きな事故を起こしかねません。当部署に5年所属していますが、ここで培った経験と自分の特性を活かしてリスクを最小限に抑えながら、パートナー事業部を拡大させることが、会社から求められていることだと感じています!
  
―部長昇進までにさまざまなことを吸収されご自身を作り上げたと想像します。どんなことを学ばれましたか?
  
いろいろありますが、商談の議事録をとることやToDoリスト、ミスシートなどをつけていくような基本的なことを学んでしっかり行えたことが、その後の業務にも大きく影響していったと思います。特に、単純にミスをした理由と改善策を書き溜めていくミスシートからは、同じ失敗を防ぐことができたり自分のミスの傾向を知れたりと、自身を客観視する目を養えたのではないかなと思っています。そして、これから見ていくコールセンター部門についても同様に、クレームなどの事例を蓄積していくことで、より良い業務改善につなげられるのではないかと期待しています。
それから、私たちの事業部ではエビデンスや議事録というものが非常に大事でして、ここでも教わったことが活かされているなと実感します。商談後に言った言わないの問題が起きないように、手数料などの重要事項を記録として残すことで、パートナー企業様との細かな意識合わせが可能なんです。
基礎力をしっかりつけてもらったおかげで役職が上がっても、またどんな仕事を任されても、自信を持って業務に励むことができています。


―リスクを常に意識する緊張感のあるお仕事だと思いますが、悩みや不安などはどうされていますか?
  
そうですね。悩みはいろいろありますが、部長に上がってから他の事業部長と話す機会が増えたので、そこでアドバイスをもらったり相談したりしてます。特に攻撃の部分となる売り上げの施策について相談をしていますね。
また、バックオフィスのメンバーと話す機会も多いので、管理する側から見た場合の問題点やリスク、長期的な取組みで見た場合の管理方法など、など、管理側の意見を求めることが多いです。

  
―悩みを打ち明け理解してくれる方々の存在は心強いものがありますよね。
  
本当ですね。信頼関係が築けている証拠ですし、一人の力では見られない景色を明確な答えとともに見ることができます。とはいえ、自分の考えが変わらないもの、または軸がしっかりあるものについては、誰かに話しても変わることはないので、自身の中で留めておくこともあります。相談って相手の時間を頂戴することでもあるので…。だから意見を求めるべきか否か、その辺りの見極めや選択も役職が上がるにつれて自分なりにジャッジできるようになってきたかなと思っています。

女性の悩みを和らげ視野を広く持つ

―Wizには林さんのようにご結婚されてからも活躍される女性が多いのでしょうか?
  
多いと思います。Wizにはいろいろな仕事があるので好きなことをとことんやって、もっと働くことにやりがいを感じられる女性が増えればいいなと思っています。できれば結婚や出産で仕事をリタイアすることなく、そのまま続けられるようになればなと。バックオフィスの総務を管轄する山中取締役や、nene事業部の中鉢部長はもちろん、営業部においては私のようなモデルがいるから大丈夫だよ!とお伝えしたいです。楽しみながらプライベートと仕事を両立してもらえるといいですよね。
  
―女性管理職として意識されていること、心掛けていることはありますか?
  
自身に対する心掛けとしては、なるべく先まで見たり、周りの意見を聞くようにしたりと、女性ならではのきめ細さをもって動ければと思っています。さらに、自分の価値観や考え方にとらわれず、役職者や経験値がある方の意見を聞いて自分の見る範囲をもっと広げていきたいと考えてます。
また、事業部内のことでいうと、事業部長は私一人になるので、業務を細かく確認することや相手への気遣いなどを意識していこうと思っています。特に女性が抱える悩みというのは、女性でなければわからないことってありますよね。辛い理由というのは案外、数字の部分よりもメンタル面だったり体調面だったりするものです。何気ない会話をしながら気持ちを和らげ、意見しやすい環境を提供したいなと考えています。

  
―毎日お忙しいとは思いますが、リフレッシュ方法は?
  
ヨガマットを買って5~10分ストレッチをやっています。最近ちょっと怠けぎみですけどね(笑)。
そんなにストレスが溜まるわけではありませんが、おいしいものを食べたり、絵を描く動画を眺めたり、バラエティ番組を見て笑ったりすることでリフレッシュしています。
それと、テンションを上げるためにネイルと睫毛のケアには月1で通っています。この仕事って気持ちを上げることが結構必要で、オンオフのスイッチにもなるんですよね。また、自分のメンテナンスにはある程度お金も必要。だから心も体も生活も充実させるためにお仕事がんばろう!って思いながらやっていますよ(笑)。

理想とする部長像と求める人物像

―今後の目標について教えてください。
  
組織と私自身についてそれぞれ目標があります。
まず組織については折衝チーム・コールセンターメンバーを育てて予算を達成することです。育成は組織にとっての大きなミッションです。管理力を高めて、事業部を表からも裏からも整え形にしたいという思いでいます。
自身についてですが、部長という役職は社外から見ると相当高いポジションになるので、肩書に負けないよう経営・経済についてしっかり勉強して、社内運営から市場全体を理解していかなければならないなと思っています。

  
―では、理想とする部長像があるのでしょうか?
  
抽象的ではありますが、理想はオーラがある人です(笑)。オーラって、経験や実績、能力などが自信へとつながり行動や振る舞いがオーラになって出るのかなと思っています。オーラがあると、信頼にもつながりやすいため、交渉や部下を持つ上でも大切かなと思います。社内外問わず、役職の高い方の発言や行動、信頼感、威厳、経営センス、オンオフの切り替えなど、いろいろな角度からたくさんのことを観察して勉強していきたいですね。

  
―最後に、迎える側としての求める人物像について教えてください。
  
ポジティブな人がいいですね!仕事を続けていれば失敗もあると思いますが、失敗したことにめげず前向きに進めていける人と仕事がしたいです。また管理職を目指す方やパートナー事業に携わりたい人においてはバランスが大切だと思います。
ただ、どんな職種であれ、Wizにはみなさんが輝けるステージが用意されています。ぜひ私たちと一緒に基本となる考え方を築きながら、自身のスキルに磨きをかけてWizを前に進めていきましょう!

さいごに

どのようなポジション・立場になっても基礎に立ち返り視野を広げ続けることが、成長への鍵になるようですね。林さん、ありがとうございました。
働きやすい職場づくりを目指すIT総合商社 Wiz(ワイズ)で、あなたも一緒に働いてみませんか?選考についてお気軽にお問い合わせくださいね!
次回の社員インタビューもお楽しみに!

 
▼▼Wiz WOMANシリーズはこちらから▼▼
【Wiz WOMAN】【Wiz Woman】責任あるポジションへ導いた「Wizを良くしていきたい」という想い
【Wiz WOMAN】周りの方々の「思いやり」のおかげで責任者として急成長できました -経理経験ほぼゼロからの出発 -
【Wiz WOMAN】積極的に決断をすること-社外折衝のプロとして-
 
▼▼採用情報はこちらから▼▼
新卒採用情報:新卒採用特設サイト
『Wiz就活カフェ』特設サイト:『#Wiz就活カフェ』特設サイト
求人情報ウェブサイト「Wantedly」:Wantedly

記事一覧に戻る