社員インタビュー

【Wiz WOMAN】自ら動き、もっと“ヒト”にフォーカスしたHR事業に

ITの総合商社でありながら、従業員の男女比はほぼ半々と、Wizでは多くの女性が活躍しています。取締役陣に時短で働くママがいたり、育児と仕事を両立させる女性在宅ワーカーがいたり「女性が働きやすい環境づくり」に注力している点は大きな魅力の一つといえます。6回目となる「Wiz Woman(ワイズウーマン)」シリーズでは、そんなWizで働く女性たちにフォーカスして様々な角度から取材をしていきます。
今回は、大塚本社で働くHR事業本部の谷崎課長にお話を伺いました。
(※業務内容等は取材時のものです)

谷崎さんのお仕事について

ー本日はよろしくお願いします。早速ですが、谷崎さんのお仕事について教えてください!
  
HR事業本部の谷崎です。本日はよろしくお願いします。私は在宅コールセンターの紹介サイト「コールシェア」や、フリーランスの営業支援プラットフォーム「URUMAP(ウルマップ)」の採用の入口を担っています。ここ1年で両メディア共に利用者数が伸びてきまして、働く場所や働き方の時流を感じているところです。
Wizに入社して5年になりますが、新卒、アルバイト、地方拠点の社内人事採用や他社の採用代行など、さまざまなHR業務を経験させてもらいながら採用スキルを積み上げてこれたと思っています。

ーHR事業のお仕事をされて、たどり着いた考えや想いなどはありましたか?
  
そうですね。前職では営業をしていたのですが、Wizに入社しHR事業本部に配属されて感じたことがあります。
それは「人事って究極の営業職だな」ということです。
Wizの山崎社長もよく言われることですが、求職者の心を掴むには「Wizをどれだけ語れるか」にかかっているんですよね。だからこそ、“ヒト”という大切な資源を相手にするこの仕事にとてもやりがいを感じています。
 
でも、会社の魅力や強みを伝えるためには、事業内容も理念も目標も方針も、そしてWizの中で働く人のことも全部を知らなくてはならない…。入社した当初はわからないことだらけで、それはもう大変でしたね(笑)。

築いてきた営業キャリアからWiz人事へ

―前職では営業をされていたとのことですが、谷崎さんのキャリアについて少し教えていただけませんか?
  
はい。生まれも育ちも北海道で、道内の大学を卒業して札幌の印刷会社に就職しました。フリーペーパーや販促支援の営業職に就き「3年間は絶対ここで働く!」と決めて、忙しくも楽しく仕事をさせていただきました。
そうこうして入社3年目に一大プロジェクトを成し遂げ、とても大きな達成感を味わいました。人にも恵まれていたし、自分の業務にも不満はなかったのですが、このタイミングで他のことを吸収したり、ゆっくりいろいろなことを考えてみたり、そういう充足時間が欲しいなと思うようになったんです。
  
そんなとき、私の気持ちを察してくれたのか、当時の上司が「環境を変えて東京支社で働いてみないか?」と言ってくださり、東京支社へ異動することに。東京で働こうと思ったことはなかったのですが、気が付いたらこちらでもやりがいのある仕事をさせていただくことになりました。
どこにいても私は忙しい星の下にいるみたいです(笑)。

ー環境を変えられてどのような変化がありましたか?
  
自分が携わる案件の売上も大きいし、クライアントも大手企業や有名百貨店と、札幌時代とは違う仕事や取引先の方々に出会う機会が増えました。
多様に案件はあるし、いろいろな人もいる。見るもの、会う人、責任の大きさなど、さまざまなことが変化し、自分の中でグッと視野が広がった感じはありました。
ただ、次第に営業の仕事とはまた違った世界を見てみたい気持ちも湧いてきて…。
東京に来て2年経った頃には、転職サイトを見るようになり、そこで求人サイト「女の転職」を目にしてWizを見つけたわけです。

ーそうだったんですね。ではWiz入社の決め手とは何だったのですか?
  
転職においては、コレをやってみたい!というこだわりはなかったのですが、どんなことができるのかな?というチャレンジの気持ちが大きかったです。
転職先を探す中で Wizのホームページにたどり着き、きちんと作られたビジュアルやコンテンツに惹かれ、福利厚生面を見たときに女性が働きやすい会社だなという印象を持ちました。
正直、何をやっている会社なのか正しく理解はできなかったのですが、設立2012年で若い会社だし自分と同世代の人が多いだろうなと思い、Wizに興味を持つようになっていったんです。
 
選考へ臨み、1次、2次、3次面接と3名のHR事業責任者に面接をしていただいたのですが、その方々の人柄、人事への考えを聞かせていただき、率直にこの人たちと一緒に働いてみたいなと思ったのが入社の決め手です。

どんな女性でも平等に心地良いと感じられる環境を

―Wiz歴5年とのことですが、入社後のギャップや女性として思うことなどはありましたか?
  
入社後のギャップを感じたことはなく、会社全体の馬力や部署内の結束力、それぞれが持つ能力から、Wizはここまで成長してこれたのだなと納得できる出来事ばかりでした。
また、女性の視点から言うと、Wizはママや家族を持つ社員にとても手厚く、福利厚生が大変充実している素晴らしい会社だと思いました。
私はまだ独身ですが、いつかその制度の良さやありがたさを感じられる時が来ればいいなとも思っています。
  
さらに、ママや家族を持つ社員が活躍できる裏には、協力意識を持ってチームを支えようとする周りのカバーがあるからこそ。まさに「相手を想う」動きが、自社内にも根付いてきているなと感じます。
Wizには女性が活躍できる制度や場所を提供しながらも、一人ひとりがそれぞれの事情を察して相手を想うことができる素敵な方々がたくさんいますね。


―では、女性社員としてご自身の役割などを考えたことはありますか?
  
もちろんあります。何か大きなことをしてあげられるわけではないけど、私の立場だからこそできることはあると考えています。
 
例えば、ママ社員がどうしても帰らなければならない時、「すみません・・」ではなく「あとお願いします!」と周りに任せられる環境でありたいと思いますし、逆に残って頑張ってくれるメンバーに対しての配慮もとても大切だと考えています。あとは、仕事とプライベート関わらず、喜怒哀楽を気軽に話せる、相談できる相手でありたいなと思っています。
 
年齢、単身者、所帯持ち関係なく、誰もが平等に心地良いなと感じられる関係性を私から作っていき、社員全員に優しい制度や職場環境を整え、社外にどんどんアピールしていくことが理想ですね。

引っ込み思案だった私を変えた札幌時代

―谷崎さんの内面について少し教えてください。ご自身のご性格は?
  
うーん、周りからはバリバリ仕事してそうって言われますが、中身はゆるっとマイペースです。あと人見知りでいじられっ子タイプですし(笑)。でも白黒はっきりさせたい人間ですね。歳を重ねるごとに、きちんと言うことを言わないと結局自分が全部背負ってしまい、大変な事態を招くことになると学んできたので。仕事での経験が性格にも影響したのかもしれません。

―そのご経験とは具体的にどのようなことでしょうか?
  
前職の営業経験が大きかったと思います。特に一緒に働いていた一つ上の女性の先輩からはたくさんのことを学びました。
その先輩はいつも元気でハキハキ、ニコニコ、キラキラしていて、仕事も人生も楽しくしていくためには、誰かにお願いするより自分で行動を起こした方がパフォーマンスもメンタル面もプラスになる!ということを教わりました。
  
例えば、頑張っているのに誰も評価してくれないとか、他人のせいにしても状況は変わらないですよね。
引っ込み思案な私が自分から発信したり、自分の頑張りを認めたり、そう考えられるようになったのも、札幌時代にこの先輩に出会い、鍛えていただけたからかなと感謝しています。


―素敵なご経験をされていますね。そんな谷崎さんの休日の過ごし方は?
  
最近は少しだけ緩和されつつありますが、まだまだ世の中全体が自粛中ということもあって、最近は好きなお酒をお家で飲むことが多いですね。お酒に合うお肉料理や浅漬けなんかを作ったりして楽しんでいます。
その他に、映画・ドラマ鑑賞、好きなアーティストのライブへ行くこともあります。お気に入りの映画は「マイ・インターン」。大好きなアーティストはGLAYです!かなりオタクなレベルかもしれないですけど(笑)。
普段、人と接する仕事をしているので、休日は大好きなものと一緒に一人の時間を大切にするようにしていますね。

より“ヒト”を想った事業に

―ありがとうございます。では、ご自身の目標について教えてください。
  
最近よく思うことですが、採用の仕事をこうして頑張ってこれたのも、今のメンバーだったから。たまたま気が合い協力し合える仲間が集まったのかもしれませんが、個々が“ヒト”というリソースについて真剣に考え、当事者意識を持ってWizを進めようとする姿を側で見てきたから、私も刺激・影響を受けて、ここまでやってこれたのだなと思います。
 
今、WizのHR事業は次なるフェーズに向かおうとしています。それぞれの力によって事業全体の実力がついてきたからこそ、これまで以上に“ヒト”にフォーカスした採用活動を実践していき、「求職者に対して何をしてあげられるか?」を考え抜いて、社会により貢献できる事業部として成長させたいですね。

―最後に、求める人物像について教えてください。
  
成長期にアキレス腱や膝がムズムズした経験ってありますか?
人として成長する時もそれと同じで、何かしら負荷はかかるものです。それを理解し成長意欲を持った方がWizに来てくださると嬉しいですね。
Wizにはそういう気持ちを持った方々のためのフィールドがありますし、時短勤務、在宅ワークなど、多様な働き方ができる環境も用意されています。
 
ウィズコロナの時代になり、まだまだ新しい働き方を形づくっていく段階ではありますが、ポジティブにたくましく自分に合った仕事・場所をWizで見つけていただければ幸いです。
採用の窓口で皆さんと会えることを楽しみにしています!

さいごに

いろいろな立場の人を気遣う心、事業を世の中に役立てたいという想い、それら全て、自ら動くことで初めて意味を持つということを教えていただきました。谷崎さん、ありがとうございました。
働きやすい職場づくりを目指すIT総合商社 Wiz(ワイズ)で、あなたも一緒に働いてみませんか?選考についてお気軽にお問い合わせくださいね!
次回の社員インタビューもお楽しみに!

 
▼▼Wiz WOMANシリーズはこちらから▼▼
【Wiz WOMAN】叱咤激励の部長昇進からチャレンジの1年へ
【Wiz WOMAN】次のステージに向けて自信をくれた基礎力と信頼関係
【Wiz WOMAN】責任あるポジションへ導いた「Wizを良くしていきたい」という想い

 
▼▼採用情報はこちらから▼▼
新卒採用情報:新卒採用特設サイト
『Wiz就活カフェ』特設サイト:『#Wiz就活カフェ』特設サイト
求人情報ウェブサイト「Wantedly」:Wantedly

記事一覧に戻る