コラム

【アースデイ】 地球を想うWizの取り組みをご紹介

こんにちは、広報PRです。
本日4月22日は、地球のことを考えるアースデイ。
みなさんは日頃から地球環境やエコライフについて意識したりしていますか?
 
ITの総合商社であるWizでは、国連サミットで採択された持続可能な開発「SDGs」に賛同し、働き方改革・女性活躍社会の実現・子ども未来サポート・健康経営・地方創生・環境保全の取り組みをDXサービスを通じて実施しています。
 
そこで今回は、その中でも地球に関わる「環境保全」活動をご紹介しながら、改めて地球環境改善に向けて実行できることをお伝えしていきたいと思います。

 
【目次】
・アースデイとは?
・今の地球環境ってどうなっているの?
・アースデイ × WizのSDGs
・さいごに

アースデイとは?

アースデイは、1969年に環境悪化を危惧し国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)によって提起されました。1970年、アメリカ・カリフォルニア州・サンタバーバラで起きた大規模な石油流出を目撃した政治家・ゲイロード・ネルソン氏が「環境問題に取り組むきっかけを作りたい」と、4月22日をアースデーに定め、アメリカ全土で環境保全を訴える運動がスタート。

今では全世界に広まり、各地で地球環境を考えるイベントやワークショップが開催されたり、多くの企業が環境保全のプロジェクトや活動に協賛したりするまでになりました。

今の地球環境はどうなっているの?

地球は、地球温暖化・大気汚染・海洋汚染・森林破壊・自然災害・砂漠化・ゴミの埋め立て問題・エネルギー問題・人口爆発・食糧危機など、たくさんの問題を抱えています。
では、代表的な環境問題3つを見ていきましょう。

地球温暖化

地球全体の気温が上昇すると、気候変動が起こります。温暖化の原因はペットボトルをはじめとするプラスチックの焼却や、その他の石油製品の熱処理から発生する「温室効果ガス」が増え続けたためです。洪水、干ばつといった異常気象を引き起こし、住居・食糧などの人々の生活を脅かす問題です。

森林破壊

過剰な開墾や木材・紙の大量消費によって多くの木々が伐採され、地球温暖化や砂漠化などを引き起こします。森林は大気を浄化したり、豊かな水や土壌を作ったりするため、地球の環境保持には欠かせません。近年、土砂崩れなどの自然災害も各地でニュースになり、森林破壊の深刻さを物語っています。

エネルギー問題

天然ガス・石油・石炭などの化石燃料には量に限りがあり、数十年後には枯渇するともいわれています。新しいエネルギー資源を作り出す必要がありますが、まずは企業のコスト削減や家計を節約する観点から「省エネ」対策を実施し、貴重な現在のエネルギー資源を大切にすることが先決です。

アースデイ × WizのSDGs

Wizでは、環境問題に対して冒頭でお伝えした「SDGs」の「環境保全」を介し、様々な取り組みをしています。

SDGsとは

SDGs(エスディージーズ)とは、Sustainable Development Goalsの略称で「持続可能な開発目標」を意味し、「地球上の誰一人として取り残さない」ことを目的として国連サミットで採択されました。17のゴールによって構成され、2030年までの国際目標となっています。
 
▼外務省ホームページ「SDGsとは」
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

WizのSDGs


Wizでは「働き方改革」「女性活躍社会の実現」「子ども未来サポート」「健康経営」「地方創生」「環境保全」の6つのカテゴリーに分類。
 
▼詳しくはこちら
https://community.012grp.co.jp/blog/column/sdgs_sp/
 
今回取り上げる「環境保全」では、SDGsの中の5つゴールを達成するために、以下のことを実施しています。

・浄水器の導入、ウォーターサーバーの販売
次世代節水装置やお得なウォーターサーバーなどを展開し、節水とペットボトルの削減をサービスを通して推進しています。
 
・省エネ商材の導入による脱炭素社会実現
LEDレンタル、消費電力が低い厨房機器冷蔵、電力の節電対策までコンサルする電力サービスなど、省エネに繋がる商品を用意し、コスト削減と共に提案しています。
 
・WEB化によるペーパーレス
eFAX導入、クラウドサインの実施、給与明細のWEB化を社内促進させ、業務効率を図りながら80%近くのペーパレス化を実現させています。
 
▼給与明細ペーパレス化の取り組みはこちら
https://jobcan.ne.jp/cases/wiz/
 
・各支社でのゴミ拾い活動
現在コロナ禍で実施できていませんが、各支社で始業前の30分間、オフィス周辺を清掃しています。社外に捨てられたゴミを拾い、資源ゴミとしてリサイクルに出せるものを分別しています。

・Fan to Share賛同
2014年より、環境省が主導する低炭素社会実現に向けた気候変動キャンペーン『Fun to Share』へ賛同登録し、環境と人にやさしい商材の普及に努めています。
 
他にも、CO2排出量の削減や省エネ対策、森林保全、リサイクル活動などに繋がるサービス・商品をDXソリューションメディア「Wiz cloud」から発信しています。ぜひこちらもご覧ください。
 
▼DXソリューションメディア「Wiz cloud」
https://012cloud.jp/

さいごに

地球の現状やエコ活動について考えていただけたでしょうか?
 
数多くの環境問題を目の前にして、「何から始めたらいいのかな?」と思われた方もいるかもしれません。しかし、地球が抱える各問題はそれぞれが密接に関わっているため、一つのアクションで多様な問題解決へと繋がっていきます。
 
私たちも、ご紹介した取り組みやDX商品を届けることで地球を救う一助になればと思っています。
 
Wizの強みはDX商材によって「課題解決する力」。今後、DXのリーディングカンパニーを目指し、地球が抱える課題解決にも果敢に挑んでいきます!
 

記事一覧に戻る