社員インタビュー

【career interview】アイドルから人事へ転身を遂げた彼女が積み重ねてきた経験

Wizには、多種多様なキャリアを持った方が多く働いています。そして、個々の経験値を会社の幹を太くする大切な資産と捉え、積極的に中途社員の採用活動を実施しています。そこで本企画「career interview(キャリアインタビュー)」では、異業種から転職を果たし、Wizで活躍する中途社員をフォーカス。

今回はアイドルの経験を持つ、人事・採用企画の滝田さんに、アイドル時代の経験からWizでの新たな目標などをうかがいました。

 

Mao Takita/中学校時代から芸能・アイドル活動を行う。その後大手デパートのコンシェルジュとして勤務し、2017年にWizへ入社。現在は人事・採用企画課に所属し採用業務からSNSブランディングまで幅広い業務を行い、“アイドル人事”として活躍中。
◼︎SNSはこちら
Twitter :@___012mao
Instagram:@012012_ootk

アイドル時代に培ったもの

ーアイドル時代はどんなことを経験されていましたか?

中学生の頃から芸能活動はしていたのですが、物心ついたときに“歌って踊るアイドル”に憧れ、高校生から20歳くらいまでアイドル活動をしていました。当時はライブ活動が中心で、平日1回、土日合わせて5〜6回ライブがあるスケジュールだったので、学校に通いながら1週間ずっとライブのことを考える生活を送っていました。

世間一般的なライブのイメージでいうと、アーティストの音楽が好きで集まることの方が多いですが、アイドルのライブはちょっと特殊なんです。もちろん、音楽が好きで来てくれる方もいますが、基本的には「〇〇が好き」や、「〇〇に会いたい」というファンの方がほとんどで、目的は「人」なんですよね。

アイドルのライブは“たくさんのメンバーがいる中の一人”なので、元々私のことを好きで見に来てくれている人だけではなく、そうでない人にも好きになってもらえるようにアピールすることができるんです。一回一回のパフォーマンス次第で、自分のファンをどんどん増やしていくことができるので、昔からのファンの人も、新しくファンになってくれた人も皆が楽しんでもらえるような魅せ方を常に意識してパフォーマンスしていました。

私の中で、ライブは生活の9割を占めるくらいとても大切な時間で、日々充実していたなと感じています。

夢だったアイドルから別の道へ

ーアイドルから別の仕事をしようと思ったきっかけは何ですか?

いわゆる人生の分岐点にたったときに、アイドルをずっとやっていきたいというよりも、早く社会に出て働きたいという気持ちの方が強かったんです。私の中でアイドル活動って、皆が学生時代に飲食店やスーパーのアルバイトをすることと同じ感覚で、そのとき自分がやりたかったことがアイドルだったんですよね。なので、常に“働く”ということが頭の中にあったし、芸能一本で行こうという自信も当時はなかったので、“将来は別の仕事をするんだ”と思いながら、今できることを全力で悔いなくやり切ろうという気持ちでした。

アイドルってすごく狭い世界で。なので、もっと広い世界を見てみたい、一般の仕事もしてみたいと思って、大学を卒業するタイミングでアイドルも卒業しました。

ーアイドルのあとはどのような仕事に就いたのですか?

アイドル時代の経験から、人と関わる仕事がしたいという想いがあったので、大手のデパートに就職し、インフォメーション業務を主に行っていました。

デパートのインフォメーションというと立ってるだけの人と思われがちですが、デパート内の全フロアのご案内はもちろん、海外の方も多く来られる立地にあったので、周辺の道案内や観光地のご案内、お勧めの飲食店をご案内したりと、コンシェルジュ業務も行っていました。

1日に100人以上の方と会話をするので、誰に対しても丁寧で思いやりのある対応と、常に誰かに見られているという意識を持って日々働いていました。

大手企業からベンチャー企業への転職

ー大手企業からベンチャーであるWizへの転職を考えた理由はなんでしょうか?

デパートでは、大手特有のルーティーン業務というものがあって、それが自分には向いていないかも…と感じるようになったんです。与えられたことをこなすだけではなく、自分で考えて仕事をしてみたい、自分の視野をもっと広げたい、そう考えていたときにふと、“ベンチャー企業で働いてみたいな”と。

アイドル、コンシェルジュと、自分が今まで積み重ねてきた経験を分析して、人と話すことが得意だと思ったのと、アイドル時代に経験したライブMCや生放送の番組で臨機応変に対応する瞬発力も身に付いたので、そういった力を生かしたく、数ある職種の中でも人事を希望しました。

人事は、人と話すことや人前に出ることはもちろん、人の大切な場面に携わることのできるやりがいのある職種なので、自分の力が発揮できるかもしれないと思いました。

Wizを選んだ理由は、直感的に他社と違って面白い!と感じたのと、発信力・実行力のある会社だったので迷いなく入社を決めましたね。

ー現在の仕事内容を教えてください。

採用企画という部署に所属しています。Wizのことを知らない人や、これからWizを受けてみたい・知りたいという人に対して、イベントを企画・開催しています。また、ブログやSNSを通してWizをPRしたりと、より多くの人にWizという会社を知ってもらえるように日々励んでいます。新卒・中途どちらにも刺さるブランディングが必要になるので、ターゲットを明確に企画・発信することを心がけていますね。

過去の経験・今大切にしていること

ー人事として働くうえで、過去のどんな経験が活かせていると思いますか?

やっぱり瞬発力だと思います。アイドル、コンシェルジュの両方、初めて会う人と話す機会が多くて、私をきっかけに何かを知ってもらうような、会社でいう窓口の立場にいることが多かったんです。なので、一瞬で物事を判断し相手に伝えるという経験を数年間で積み上げてきたので、瞬発力は人事として本当に糧になっています。Wizでもまだまだ鍛えられていますが(笑)。

ー仕事で大切にしていることがあれば教えてください。

“楽しさを見つけること”と、“フラットな目線でいること”です。
“楽しさを見つけること”は、大半の仕事は9割が大変で泥臭い仕事だと思うんですよね。なので、残りの1割をいかに楽しさに変えられるか、楽しいと感じられるか、頑張る理由を見つけられるかどうかだと思っています。

私は、今までの経験を通してその1割を見つける力が身に付いてきたと思っているので、面白そうとか、皆が楽しくなれるかもという目線で企画を立てるように意識しています。

“フラットな目線”は、物事や人のことを常にフラットで見るように心がけています。
偉い人が言ったことが全て正解ではないし、学生が言ったから全て間違いではないですよね。

なので、偉い人にも間違っていると思ったら、「それは違うと思います」と伝えたり、学生の意見がすごく良かったら、「そういう考えもあるんだね、勉強になる!」と伝えるようにしています。自分の物差しだけで何かを測らないという部分は常に意識しています。

モノや人の見方を変えることって、他の職種でも言えることだと思いますが、採用企画にとってもすごく大事で。日々新しい企画を立てていく中で、色々な目線で物事を見ないとターゲットに刺さらないんです。

つい最近聞いた言葉で、「三日坊主も見方を変えれば、経験豊富」という言葉があるんですが、これを聞いたときに、確かに…!と思って。

一般的に三日坊ってマイナスイメージだから、物事を長く続けられない人という目線になってしまうけど、フラットな目線で見たとき、この人は色々なことに自ら挑戦できて、経験を積めているんだと捉え方を変えてみたら納得できたんです。

そういう目線を持っている人って、私が初めて会う人や選考者の方、Wizのことを知らない人が教えてくれたりするので、そこを自分の中で形にして発信していかなきゃと思っていますね。世の中でネガティブに捉えがちなこともポジティブに変えて伝えていきたいです。

迷ったときは勇気がいる方に進む

ーどんな人がWizに合っていると思いますか?

「迷ったときに勇気がいる方に進める人」ですかね。
新しいことや難しいことを始めるときって、すごくエネルギーが必要で大変だけど、そこへ一歩足を踏み入れることって大事ですよね。不安や心配という心のブレーキを少し緩めて、前に進める人って素敵だなと。

Wizは、まだまだ成長中で変化のスピードが想像以上に早いので、新しいことにも柔軟に対応していくことが常に求められます。なので、会社も自分も変化が多いけれど、ポジティブな方向に進むという風に捉えられる人が良いですよね。

ー今後挑戦していきたいことを教えてください。

“攻め続けること”です。他社にないWizの魅力、人にフォーカスした働きやすい環境を分かりやすい形で世の中に発信し続けることがミッションだと思っているので、そこにもっと力を注いでいきたいです。

あとは、採用企画で2020年に立ち上げた学生人事部という他社にはない取り組みをしているので、「DX=Wizcloud=Wiz」と同様に、「インターン=Wiz」と、日本で一番有名なインターンを作り、Wizの強みを一つでも多く増やしたいと思っています。

学生が、“どのインターン行く?”となったとき、“Wizのインターンはとりあえず行っておこう!”と名前が上がるくらい多くの学生に来てもらえるインターンにしたいですね!
↑過去のインターンの様子

ー最後に、入社当時の自分へ掛ける言葉があれば教えてください。

アイドル、コンシェルジュ、そして今は人事と、小さい頃からずっと人と関わる仕事をしてきた私ですが、「周りの人たちのおかげですごく楽しめているよ」と伝えたいですね。

正直なところ、入社当初は1割の楽しさを見つけられていなくて、大変な時期もありました。
Wizは目まぐるしく日々変化する環境なので、“自分は何もできていない”とか、“この仕事向いていないかもしれない”という不安が常にあって、「大変だ」と思うことが1時間に1回くらいのペースで来ていたんですよ(笑)。

そんな、自信をなくしがちな時期もありましたが、乗り越えられたのは周りの人のおかげで。素敵な人たちに囲まれて、“向いていないかもしれないけど、これからもこの人たちと一緒に働きたい”と思ったんです。

大変な時期を乗り越えられたときにふと、「滝田さん、人事部にすごく馴染んでいるね!ずっと前からいるみたい。」と言ってもらえた瞬間、スッと心が軽くなり、これでよかったんだと救われました。そのおかげで今は楽しく仕事ができているので、すごく幸せです。このスピード感に慣れたのかもしれないですけどね(笑)。

さいごに

アイドル時代に培ったコミュニケーションスキルなどの経験を活かし、Wizでは人事として活躍を遂げた滝田さん。誰に対しても平等で何事にも動じない堂々とした姿は、過去の経験が物語っていると感じることができました。
次回の社員インタビューもお楽しみに!

◼︎社員インタビュー一覧はこちら
https://community.012grp.co.jp/interview

◼︎学生人事部について
https://www.wantedly.com/companies/grp-co-jp/post_articles/276736

◼︎学生人事部メンバーインタビュー
https://www.wantedly.com/companies/grp-co-jp/post_articles/274629

◼︎求人情報
https://www.wantedly.com/projects/358282

記事一覧に戻る