イベント

2021年度経営方針発表会および成績優秀者表彰式を開催

1月9日(土)、2020年度経営方針発表会および成績優秀者表彰式がオンラインにて開催されました。各拠点・各社員をつないで全国一斉に配信された当イベントは、午前の部に成績優秀者表彰式、午後の部に経営方針発表会と2部構成で行われました。
今回は、受賞者のコメントや社内・社外役員から発表された経営方針の様子、山崎社長からのメッセージなどをお届けします。

社長挨拶

豪華なオープニングムービーの後、新年の挨拶が山崎社長から送られ、今年の目標についても語られました。

「皆さん、あけましておめでとうございます。昨年はWiz全体が、DX推進に向けた事業内容に調整され仕上がった年だったと思います。2021年は、より日本のため、企業のため、国民のために、いい商品を流通させ開発していけるようなITの総合商社をつくっていきましょう」

成績優秀者表彰式

司会進行役を務めるのは瀧澤さんと花岡さん。成績優秀者の受賞タイトルと受賞者名を読み上げ、イベント全体を盛り立ててくれました。
 
まず始めに、営業部半期社長賞である「リサーチコンサルティング部門」「プロダクト部門」から、16名の方が受賞されました。受賞された方々のコメントを一部ご紹介します。
 
リサーチコンサルティング部門
一般社員新卒部門(最優秀賞)
Wizクラウド事業部・國場さん

「このような賞をいただけて、大変嬉しいです。今回の表彰を糧に、福岡支店を盛り上げ、部下の育成を兼ねて来年も私たちの仲間からこのような賞をもらえる人材がでるようにがんばっていきます!」
 
リサーチコンサルティング部門
部署責任者部門(優秀賞)
Wizクラウド事業部・近岡さん

「ありがとうございます。今後は自分からどんどん仙台拠点全体を盛り上げていけるよう、がんばりたいと思います!」
 
プロダクト部門
一般社員中途部門(最優秀賞)
キャッシュレス事業部・岩瀬さん

「今回はこのような賞をいただき大変嬉しく思います。今後も担当としてしっかりサポートし、Wiz全体を盛り上げていけたらと思っています。がんばります。」
 
プロダクト部門
エリア責任者部門(最優秀賞)
スマートデスク事業部・大嵜さん

「宇都宮拠点内の社員は全員在宅になっていますが、今、LINEでつないで喜びを分かち合っています。まだまだ伸びる事業部だと思っていますので、今後も黒字化できるようにがんばっていきます」

続いて、「バックヤードMVP賞」「社長特別賞」「WizMVP賞」「最優秀チームワーク賞」「最優秀拠点賞」の部門から8名の方が受賞。一部コメントをご覧ください。
 
バックヤードMVP賞
人事採用部・千田さん

「ありがとうございます。本当にこのような賞をいただけると思っていませんでした。撮影にご協力いただいた社内の皆さんのおかげだと思っています。福岡拠点からさらにファンを獲得できるようがんばっていきます!」
 
<受賞理由>
自ら出演・編集した動画を投稿するなど、SNSを活用し採用活動に大きく貢献。撮影は積極的に従業員を巻き込み、社内外にファンをしっかり作り、人事採用部内でも圧倒的な存在感を示したことを評価。今後もさらなる成長と活躍で事業部を盛り上げてくれることを期待し表彰。
 
社長特別賞
人事採用部・齋藤さん

「本当にビックリしています!ありがとうございます!在宅という環境の中でも、新しいことを挑戦させていただけたことは、HR事業本部ならびにWizのみなさまのおかげだと思っています。今後も謙虚な姿勢でグイグイ前進していきますので、よろしくお願いいたします。」
 
<受賞理由>
SNSを活用した 採用の集客対応や、リファラル対応に尽力。また採用業務のみならず分析検証も行い見やすい資料を作成するなど幅広く活躍。今後も知識やスキルを活かしさらに活躍されることを期待し表彰。
 
WizMVP賞
事業統制部・大谷さん

「当事業部は昨年の7月に事業部化しまして、人事制度や商品の制度整備を務めてきました。大変なことも多かったですが皆さんのサポートを頂きながら無事、形になってきたかなと思っています。2021年は、さらにWizを前に進めるためにがんばっていきたいと思います。」
 
<受賞理由>
全社員がゴールに向かって進む制度の整備を始め、商材立て付け、単価・ポイントの調整、パートナー手数料の見直しなど営業活動へのバックアップにも大きく貢献。変化が多いなか柔軟かつスピーディーに対応する姿はバックヤード責任者の鏡。今後も変化に強い組織を作れるよう更なる活躍を期待し表彰。

次に、最も優秀な営業記録を残した社員に与えられる賞「Wizマスターズ」では8名の方の名前が呼ばれました。
その後、昇格者についても発表され、それぞれ、担当する事業部説明や2021年にかける想いなどが語られました。

その後、昇格者についても発表され、それぞれ、担当する事業部説明や2021年にかける想いなどが語られました。

経営方針発表会

13時から始まった経営方針発表会では、Wizパートナー事業部、リサーチコンサルティング本部、プロダクト本部、クリエイティブ本部、社長室、KANBEI事業部、経営戦略室、教育部と、それぞれの事業経営方針が発表されました。


最後のプログラムでは山崎社長によるWiz経営方針発表。
発表に入る前に、株式会社補助金ポータルや株式会社Wizユナイテッドなど、Wizをさらに変化・発展させ、協力いただく各企業の代表者からコメントをもらう一幕もありました。事業スケール拡大や新たな取り組みについて語っていただきました。



Wiz経営方針発表で山崎社長は、まず2020年までに行ってきた様々なプロジェクトにおける種まきについて、得るものがあったとした上で「今年は集中して果実にしていく」と語りました。
1.Wizとは?、2.何を目指すか?、3.事業内容、4.Wiz3.0に向けて、の4つの項目を順にプレゼン。最後に、今やっていることである点と点が線になり、面になるよう「全てのヒトの人生を豊かにできる会社を目指す」と明示しました。

さいごに

プログラムの途中に、山崎社長から「地方メンバーの成長、顔つき、団結力が見え、一社員としてとても頼もしくも羨ましく思いますね。また、各拠点の魅力・ポテンシャルから地方のスポーツチームのスポンサー営業など、拠点を盛り上げられる、様々な可能性を感じています。ぜひ、日本全国、地方活性を各拠点から進めてほしいです!」と、伝えられた当イベント。
 
2回目のオンライン開催となりましたが、大塚本社、湘南支社、大阪支社、の拠点紹介ムービーを流したり、ディスプレイを活用した支社の様子が見られたりと、それぞれの拠点カラーが際立つイベントとなりました。


この度も当イベントにご尽力された関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。各地域の熱量を感じられる素晴らしいイベントをありがとうございました!

 
▼2020年度経営方針発表会および成績優秀者表彰式のレポートはこちらから▼
https://community.012grp.co.jp/blog/event/2020keihou_hyousyou_secondhalf_sp/

 
▼2020年のイベントの様子はこちらから▼
https://community.012grp.co.jp/blog/event/?year=2020

記事一覧に戻る