福利厚生

Wiz産休復帰第一号!菅原さんにインタビューしてみました!

こんにちは!Wiz広報部の小幡です。
今回は、Wizでの産休復帰第一号である、マーケティング事業部・菅原友里子さんにお話しを伺いました。
菅原さんは、2012年12月に株式会社Wizに入社。2014年8月にお子さんを出産されてから、2016年4月までの約1年半、産休を活用され、先月復帰されました。
今回はWizの産休制度や、産休にまつわるエピソードを聞いてみたいと思います!

【質問1】復帰後のWizはどうですか?受け入れの雰囲気、勤務時間など。
子どものいる人達にとって、すごく働きやすい会社だと思います。というのも、何かトラブルがあったときにも子どもを最優先にさせてくれる環境だからです。私は、時短勤務ではなくフルタイムで働いていますが、子どもが風邪を引いたり体調を崩してしまったときは、仕事を早退したり、お休みをもらったりすることも多くなってしまいます。ですが、そういう働き方に対しても、会社の方で理解があるのでとてもありがたいです。
産休中も、Wizのメンバーから「いつ戻って来られるの?」とか「今日はこんなことがあったよ」と、ちょくちょく連絡をもらっていたので、受け入れ環境に不安は無かったです。実際に、とても居心地の良い空気で迎えてくれて、アットホームな会社だなと感じています。

【質問2】産休取得の流れは?
病院で、子どもを授かったと分かったとき、出産予定日も教えてもらえるので、その予定日を会社に伝え、その1.2ヶ月前から産休をとることができました。
お腹が重くなって、「そろそろ働くのが大変だな~」と感じてくる頃なので、ちょうどいい時期です(笑)
産休取得に関する書類などの準備や提出も産まれた後でよかったので、特に急いでなにかをしなくてはならない必要はなかったですね。
sugawara2kakou

【質問3】出産されてから、どれくらいで復帰されましたか?また復帰時期の判断は?
出産から1年半くらいで復帰しました。最初は1年間だけ休む予定で、子どもの1歳の誕生日には復帰するつもりで考えていたんです。ですが、入園させてくれる保育園がなかなか見つからず、半年間産休を延ばした、という形になりますね。元々、出産後も社会に復帰したい!と思っていましたし、子どもと2人だけで日々を過ごしていると、社会から取り残されている感覚になってしまうので、「早く人と触れ合う生活がしたい!」という気持ちが強かったです。

【質問4】復帰されて、気になることや、不安はありましたか?
子どもがいると、どうしても欠勤や早退が多くなってしまうので、お客様の対応をし切れない点が不安でした。
ですが、例えば他の仕事やパートだと、自分が休むときには、代わりに出勤してくれる人を誰かにお願いしなくてはならないと思いますが、Wizだとみんなのサポートがあるので代理を探す必要がなく、早退もお休みもとりやすいので、助かっています。本当に子どもがいる人が働きやすい環境だと思いますね。
sugawara3kakou

【質問5】復帰して嬉しかったエピソード
メンバーから「おかえり!」とか「復帰おめでとう!」と声をかけてもらったり、メールやラインをもらったりと、みんなが気にかけてくれたのが嬉しかったですね。あとは、復帰後の配属部署や、時期の打ち合わせをしていた際に、産休前に同じチームとして働いていた上司のチームに入れてくれて、慣れない環境にならないように配置の工夫をしてくださったのもありがたかったです。1年半のブランクはありましたが、以前働いていたときと近い環境で働き始められたので、安心して復帰することができました。

【質問6】これから妊娠・出産予定の皆さんに一言
認可・不認可に関わらず、保育園は4月から受け入れの募集を始めるので、復帰したい!という希望があるのであれば、子どもの月齢に関係なく、4月の時点で保育園に預ける申請を出しておいた方が良いと思います。
23区内の保育園だと、「子どもが3歳にまるまで保育園は決まらない」と言われているほど、保育園探しが難しいんです。0歳の枠で保育園が決まれば、そのままスライドで預かってもらえるので、働きたいママさんは早く申請を出しておきましょう!
sugawara4kakou

産休復帰後も、マーケティング事業部でバリバリ働いている菅原さん。
Wizでは、主婦を対象にした営業成績のランキング制度があり、菅原さんもすでにそのランキングに入っているそうです。このランキング制度に対して、「主婦は残業も出来ないし、限られた時間で主婦仲間と切磋琢磨できるので、とても嬉しいし、1位を目指して頑張れる」と、お話しがありました。
人数・拠点も増え、Wizでは働くママがこれからもどんどん増えていくと思います。
Wizでは、そんな働くママ・パパの活躍を、今後もしっかりサポートしていきたいと思います!

記事一覧に戻る